製造の現場をシステムから支える。自らも、ものづくりに携わっているのだと実感しています。 「よりプロフェッショナルになれる」と感じたメーカーのシステム部門 いかに、ものづくりの現場に貢献できるかが問われている もっと現場を知ることで現場の方の力になりたい
閉じる