TOP > TOP INTERVIEW
キャリア採用エントリー
MyPageログイン
新卒採用エントリー

代表取締役社長 精密機器事業本部  杉野 良暁

「世の中にないものを生み出す力」が問われる

いま私たちが見据えているのは、世界トップの座です。精密機器事業本部では、あらゆるモノづくりのベースである工作機械や産業機械、工具類を手がけています。日系メーカーの世界進出と新興国市場の成長に伴い、すでに海外向けの売上比率は7割に達しています。そして、今後ますます拡大が見込まれるのもやはりグローバル市場。そこで新たなビジネスを次々と開拓していきたい。私たちには、競争激しいグローバルなマーケットで勝ち抜いていくための大きなアドバンテージがあります。それは、スギノマシンが自動車などの製造において、加工から洗浄、仕上げまで一貫対応できる世界唯一のメーカーであるということ。この強みをフルに発揮し、国内では高い評価を獲得しています。いわば国内の大会ではすでに優勝し、「日本代表」としてのポジションにある。次の目標は、ワールドカップでの優勝。海外の競合に勝ち、名実ともに「世界一」と認められるメーカーになりたい。大いに自信はあります。それをぜひ、これから私たちの仲間になってくださる、チャレンジ精神豊かな若いみなさんと一緒に成し遂げていきたいのです。

求める人材像~「ものづくりが好きかどうか」~

スギノマシンは、世の中にないものを生み出すことで成長を遂げてきました。それが私たちのDNAであり、規模が大きくなっても変わることはありません。これからも斬新な発想を大切にする会社であり続けたいですし、モノづくりを心から愛する人に選ばれる会社でありたい。たとえば、機械いじりが好きで寝食を忘れて没頭するような、モノづくりが趣味の領域にまで達している方などは大いに歓迎します。好きこそものの上手なれで、そうしたディープな次元から革新的な商品は生まれるのです。そして、食わず嫌いになることなく、何でも興味を持ってチャレンジしてほしい。海外にも積極的に飛び出してほしい。私も30代前半で中国での事業立ち上げに関わり、知らない世界で自ら決断して物事を進めていく経験を重ねたことで、成長することができました。みなさんにも、ぜひそんな醍醐味を味わってほしいと思っています。私たちが培ってきたコア技術を応用して、いままでにない商品を創り出せる可能性は無限にあります。そのことにワクワクするようなみなさんとお会いできることを、楽しみにしています。

取締役 常務執行役員 プラント機器事業本部 尾嶋 弘行

100年先の社会インフラを支える

スギノマシンの技術は、世の中のいたるところで活躍しています。たとえば私が率いるプラント機器事業本部では、建築土木業界、原子力業界、化学業界、航空機業界などへ優れた商品を提供しています。道路や橋脚の建設補修などにも当社のウォータージェット技術が使われており、今後、国内のインフラ修繕や、あるいは東京オリンピックに向けての新たなインフラ建設を控えて、ますますの事業拡大が見込まれています。また、航空機の製造現場においても当社商品への需要が高まっており、こちらも有望な領域です。さらに、国内の原子力発電所や化学プラントにも商品が納められており、高い評価を獲得しています。ただ、国内の原子力関連や化学関連の市場はすでに成熟しつつあり、これからさらに成長していくためには、やはり海外に目を向けなければなりません。グローバルにおいては、まだまだビジネスを伸ばせる余地は大いに残されている。大きなチャンスが世界に広がっているのに、それを担う人材がまだまだ不足しているのが、いまのスギノマシンの実情。ですからぜひ、みなさんの若い力に期待したいのです。

求める人材像~貪欲な姿勢が重要~

みなさんが秘めているチャレンジ精神を、私たちは大いに歓迎します。自分から「こんなモノを創りたい」とどんどん主張してほしいと思っています。たとえ失敗してもいい。失敗すれば、そこから成功するための方法を学べばいい。失敗を恐れて何も行動を起こさないことのほうが、ここでは罪悪です。多少生意気でもいいので、自分の意見を振り回して大いに暴れてほしい。私も含めて、いまスギノマシンの役員を務めている連中はみな若い頃に「暴れん坊」だった人間ばかりです(笑)。でもそれは、真剣にモノづくりに取り組んでいることの裏返しだと私は捉えています。海外にも積極的にチャレンジしてほしい。たとえ英語が話せなくても、「面白そうだから海外に行かせてほしい」とアピールしてくるぐらいの人がいいですね。グローバルで通用する人材になるには、現地でいろいろと体験するのが一番の近道。チャンスはいくらでも提供します。そこでもどんどん失敗してください。チャレンジすることを楽しむみなさんとともに、このスギノマシンを世界の誰もが知っているグローバル企業にしていきたい。大きな夢をもって果敢にチャレンジするスギノマシンに、ぜひあなたも参加してください。