ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
HOME > 商品一覧 > ドリリング・タッピングユニット > STANDRILL series SELFEEDER MSC-DS
プリントイメージを表示

STANDRILL series SELFEEDER MSC-DS

タッピング機能付き自動ボール盤

資料(PDF)ダウンロードはこちらです  

即日稼働!穴あけもねじ立ても、1台で手軽に自動化。

老朽化したタッピングボール盤からの更新も、納入後のアフターサービスも、お任せください。

らくらく安心操作

手動操作や加工プログラム設定用に4.5インチの小型タッチパネルを採用。
プログラミング知識は不要で、ストロークと回転速度の入力のみで操作できます。

① 200V電源供給で、即日稼働が可能

image

② 簡単プログラミング

ねじ立てに必要とされる加工パターンをあらかじめ準備しており、
切削開始点や切削終了点、各ポイントの主軸回転速度などを入力するだけで
簡単に加工プログラムが作成できます。

image

③ 豊富な機能

1.プリセットカウンタ 6桁x5個
2.プログラム登録数 200個
3.簡易ティーチング機能搭載

  JOG送り、切削開始点・終了点の各設定ボタンで、ストロークを直感的に設定できます。

  image

4.カスタマイズ対応

  サービス入出力信号の追加(オプション)により、お客様ご用意の治具や
  安全ドアの連続制御が可能です。

ポイント

1台で穴あけとねじ立て! 

image主軸・送り軸の両方にサーボモータを搭載しており、プログラム変更のみで
穴あけとねじ立ての切り替えや、ねじピッチの変更が可能です。
また、完全同期により高精度なねじ立てを実現します。

 

 

 

仕様(能力表・寸法図)

image

注記 1.機種選定はワークの形状、材質、切削性、工具の径と材質、回転速度(切削速度)などをもとにご決定ください。
    2.最大穴あけ/ねじ立て能力欄の上段は最大穴あけ能力、下段は最大ねじ立て能力です。
    3.上表に示す最大穴あけ能力はドリル径の2倍の穴あけ深さにおける数値です。
     最大ねじ立て能力はスパイラルタップまたはポイントタップを使用し、ねじ立て深さがねじ径の1.5倍における数値です。
    4.送り軸用サーボモータは保持ブレーキ付です。
    5.スタブホルダ、スタブタッパーはお客様にてご準備願います。

image

※部寸法は、スクリュセットFS-92SSを※2部の寸法位置にて取り付けた際の寸法となります。
スピンドルには、スタブホルダKH-16A(16E)、スタブタッパーKH-16A-NLが取り付け可能です。

 

PDF形式のファイルをご覧いただく際に、Adobe Readerをお持ちでない方は、
こちらのリンク先からダウンロードいただけます。(無料)