ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
HOME > Q&A・技術情報 > サーボ送り式ドリリングユニット 「バリメック SSV3」導入事例(ポリカーボネート)
プリントイメージを表示

サーボ送り式ドリリングユニット 「バリメック SSV3」導入事例(ポリカーボネート)

導入事例 バリメック SSV3 形

 
バリメック形式 SSV3-7100
 加工ワーク ポリカーボネート

導入にあたっての要望

  1.  穴のくもり、バリ、欠けを防止し、高精度な加工を行いたい。
  2. コンパクトな専用機を製作したい。

 

導入後の効果

  1. 社内での設備製作が可能となり、導入コストが低減できた。
  2. 希望の仕様で加工が可能となり、ワーク品質が向上した。
  3. 生産効率が向上し、ランニングコストが低減した。

加工条件

  •  主軸回転数 : 415min -1
  • 送り速度      : 0.07mm/rev