ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
HOME > Q&A・技術情報 > スパロールのできること「硬度を上げる」
プリントイメージを表示

スパロールのできること「硬度を上げる」

硬度を上げる:加工するだけで摩耗に強くする

スパロールのできること「硬度を上げる」について紹介します。

1.加工効果の原理と効果

金属表面の凹凸が押し均され、表層部付近が塑性変形して加工硬化し、表面硬度が上昇します。

硬度上昇による効果で、耐摩耗性引張強さが向上します。

硬度上昇による効果

 

2.材質別ビッカース硬度測定結果


  • SUS316L
    ビッカース硬度測定結果(SUS316)

  • A2017-T4
    ビッカース硬度測定結果(A2017-T4)
  • SCM435
    ビッカース硬度測定結果(SCM435)
  • SUJ2
    ビッカース硬度測定結果(SUJ2)

3.加工荷重による硬度の違い


加工荷重が大きくなると、硬度が上昇します。

加工荷重による硬度の違い


ローラ・バニシングツール「スパロール」商品情報

PDF形式のファイルをご覧いただく際に、Adobe Readerをお持ちでない方は、
こちらのリンク先からダウンロードいただけます。(無料)