ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
HOME > Q&A・技術情報 > 「スパロール」加工とは?
プリントイメージを表示

「スパロール」加工とは?

ローラ・バニシングツール「スパロール」とは

superoll_image

ローラ・バニシングツール「スパロール」は、ローラで金属表面を押しつぶして、なめらかに仕上げる鏡面仕上げ工具です。ローラによるバニシング加工(塑性変形加工)で、金属表面だけを塑性変形させるため、高い生産性と精密仕上、表面改質(耐摩耗性の向上・疲労強度向上など)を同時に実現します。
手軽にしかもローコストで部品の超精密仕上げができるため、自動車業界をはじめ、精密機器、化学、家電業界など多方面で幅広い用途に利用され、大きな効果を上げています。




 
 
  superollbanner

ローラバニシングの原理

 

ローラバニシングは硬くて滑らかなローラを金属表面に圧縮回転接触させ、表面層に局部的な微小塑性変形を与えて仕上げる塑性加工法の一種です。

短時間で表面粗さが向上すると同時に表面が加工硬化し、さらに残留圧縮応力が生じるため、耐久性の優れた仕上がり面が得られます。

 SUPEROLL-principle図1. ローラバニシングの原理

図1はこの加工法を模式的に示したものです。
転入域(A)ではローラが切削加工面に接触しながら徐々に加圧し、塑性変形域(B)において接触圧力が材料の降伏点を超え、局部的な塑性変形が生じます。
ローラの直下で最大荷重が作用した後、平滑域(C)において弾性復元が始まり、ローラは徐々に加工部表面より離れます。

実際のスパロール加工では複数本のローラで上記一連の動作を連続して繰返し行い、加工部の表面を滑らかに仕上げています。

 

スパロール加工の特長

 加工時間の短縮

研磨加工と比較して加工時間が1/5~1/20に短縮できます。旋盤やマシニングセンタでの最終仕上げが可能なため、工程集約ができます。
superoll-time 

高速鏡面仕上げ

ワンパスでRz0.1~0.8µmの鏡面仕上げができます。突起部のない仕上がり面は、摺動面やシール面として最適です。

superoll-finish 

耐摩耗性向上(硬度アップ)

  金属表面に突起部がなくなり、また緻密化され、表面硬度が上昇して耐摩耗性が向上します。

superoll-DurabilityUP 

ローラ・バニシング Q&A関連ページ

  • 「スパロール」加工とは?
  • ローラ・バニシングツール「スパロール」の加工条件について
  • ローラバニシングツール「スパロール」のツール径調整方ついて
  • ローラ・バニシングツール「スパロール」加工での素材径変化について
  • ローラ・バニシングツール「スパロール」での加工による効果について
  • ローラ・バニシングツール「スパロール」の消耗部品の交換について