ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
HOME > 商品一覧 > 発電所保全装置 > 高圧水遠隔除染装置
プリントイメージを表示

高圧水遠隔除染装置

株式会社スギノマシン(本社:富山県魚津市、社長:杉野 太加良、以下「スギノマシン」)は、
このたび、資源エネルギー庁の「建屋内の遠隔除染技術の開発」プロジェクトにおいて、
日立GEニュークリア・エナジー株式会社様からのシステム要求仕様による公募に応札し、
高圧水による遠隔除染装置の製作を落札しました。

本装置は、東京電力株式会社 福島第一原子力発電所の災害現場における放射線汚染環境の改善を
目的とした高圧水を用いる遠隔除染装置で、スギノマシンが得意とする高圧水技術に高放射線環境下でも
動作する高精度駆動装置の製作ノウハウを融合し、開発したものです。

スギノマシンは原子力発電所向けに保守機器、解体装置等を納入した実績を持っており、
今後も高い信頼性が求められる環境下で、人のために役立つロボットの開発をし貢献してまいります。

 高圧水遠隔除染装置

高圧水遠隔除染装置側面

今回製作した装置は、建屋外からの遠隔操作で建屋内の放射性付着物を高圧水で除染する装置です。
遠隔装置が除染作業を行うことにより、作業員の被ばくの低減を目的としています。
建物の床、壁表面を高圧水により洗浄または、はつることで放射性物質を除染し、
同時に回収する機構を洗浄ヘッド内に設けることで、除染後に汚染物を周囲に拡散させることなく、
建屋内の環境改善を行うことが可能です。

特徴

①コンパクトボディー
 狭隘部かつ床面から2mの高所にも遠隔操作でアクセスが可能。

②洗浄・はくり・はつりが可能
 水圧、流量及びヘッド速度を制御することにより、汚染程度に対応して
 表面洗浄、塗装はくり、コンクリートはつりの使い分けが可能。

③汚染水・はつり片を回収
 除染ヘッド部の内部で高圧水を噴射すると同時に汚染水とはつり片を回収可能。

仕様

装 置 分 類詳    細   
除染装置本体アーム部油圧シリンダ駆動リンク型
駆動台車部クローラ式(高さ50mmの段差を乗越え可能)
質量台車部:約800kg、アーム部:約40kg
駆動台車寸法W600×D1529×H1255mm(アーム及びヘッド部折畳み時)
ヘッド部ストローク450mm
回収装置タンク容量1000L
ケーブル・ホース長さケーブル:100m、ホース:75m
高圧ポンプ噴射圧力25~200MPaで調整可能

InquiryBar

  技術相談や仕様、価格、カタログ送付依頼など、お問合せはこちらです。お気軽にお問合せください。