ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
HOME > Q&A・技術情報 > ローラバニシングツール「スパロール」のツール径調整法ついて
プリントイメージを表示

ローラバニシングツール「スパロール」のツール径調整法ついて

スパロールのツール径セット方法

ツール径の調節方法(SH/SBシリーズ)

  1. ツール径はハウジングをシャンク側に押しながら、右回転させると拡大し、左回転させると縮小します。最小調節量は1目盛 0.0025mmです。
  2. ハウジングを離せば自動的に口ックされ、ツール径がセットされます。
  3. 下図のようにローラの先端部をマイクロメータで測定し、ツール径が正しくセットされていることを確認ください。
  4. 止り穴用でマンドレル先端を削り落とす場合は、グラインダまたは特殊バイトで行います。硬度が低下しないよう、冷却しながら徐々に行ってください。

 

ローラ後端をフレーム溝後端にしっかり押しあてて、ツール径を測定ください。

 

ローラ・バニシング Q&A関連ページ

  • 「スパロール」加工とは?
  • ローラ・バニシングツール「スパロール」の加工条件について
  • ローラバニシングツール「スパロール」のツール径調整方ついて
  • ローラ・バニシングツール「スパロール」加工での素材径変化について
  • ローラ・バニシングツール「スパロール」での加工による効果について
  • ローラ・バニシングツール「スパロール」の消耗部品の交換について