ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
HOME > 商品一覧 > ドリリング・タッピングユニット > メカ送りタッピングユニット「シンクロタッパ STE-H/L形」
プリントイメージを表示

メカ送りタッピングユニット「シンクロタッパ STE-H/L形」

STE大径ねじ立て加工や多軸タッパヘッドの取り付けにより、高能率なねじ立てが可能な、メカ送りタッピングユニット!

「シンクロタッパ(Synchrotapper)STE」は、高出力モータを搭載した、大径ねじ・テーパねじ、多条ねじ加工が可能な、メカ送りタッピングユニットです。
S45C材でR3/4、M20転造などのねじ立てが行えるほか、多軸タッパヘッドの取り付けにより、ねじ立て工程のコストダウンが図れます。

capacity

仕様

形式番号 回転速度ねじ立て能力
ストローク
最大
ねじ立て
頻度
電動機仕様加工できる
ねじピッチ
質量
アルミ
(ADC)

(S45C)
出力極数
min-1mmmm回/分kWPmm山/インチkg
STE-H527
(ねじ立て高頻度
タイプ)
420 M27M1620~
100
152.240.8
1
1.25
1.5
1.75
2
2.5
3
3.5
4
28
24
20
19
18
16
14
12
11
10
9
8
175
M22M12
310 M33M20
M24M16
210 M36M22
M27M16
STE-L527
(高トルクタイプ)
100 M45M306
M39M24
70 M48M36
M45M27

注記 :
1. 軸数別ねじ立て能力の2段表記について、上段はスパイラルタップおよびポイントタップ、下段はハンドタップ2番を使用する際のねじ径を表します。 また、ねじ立て深さはねじ径の1.5倍の数値です。
2. 回転速度は50、60Hzいずれの地域でも同一となります。(コントローラ内のインバータによりモータへ60Hzで供給しています。)
3. プーリ交換により回転速度を変更します。ただし、STE-H形↔STE-L形間で回転速度を変更するには、プーリ以外にモータとベルトを交換する必要があります。
4. 取り付け可能な多軸アタッチメントの許容質量は以下のとおりです。なお、上向き加工の場合にはシンクロタッパ本体への防水、防塵対策が必要です。詳細は最寄りの営業拠点までお問い合わせください。
(横向き加工時:100kg、上向き加工時:90kg、下向き加工時:90kg)

寸法図(mm)

STE-d

注記:
 1. オプションの1TDソケットの取り付けにより、1軸タッパヘッドが取り付け可能です。1TD-160F・220Fはオプションです。
2. MT4スピンドルにはエヌティーツール(株)製タップホルダWFLP340-0/MT4(M16~M38)が取り付け可能です。タップホルダはお客様にてご準備ください。
3. オプションのMT3ソケットの取り付けにより、WFLP240-0/MT3(M8~M22)が取り付け可能です。
タップホルダはお客様にてご準備ください。
4. シンクロタッパを水平に取り付けの場合は、ドレン排出口を下向きにしてご使用ください。

infobar

カタログアイコンQ&Aと技術情報 CADデータアイコン

InquiryBar

  技術相談や仕様、価格、カタログ送付依頼など、お問合せはこちらです。お気軽にお問合せください。