ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
HOME > 商品一覧 > 部品乾燥機 > 真空乾燥機 「EVADRY(エバドライ)」
プリントイメージを表示

真空乾燥機 「EVADRY(エバドライ)」

真空乾燥機「EVADRY(エバドライ)」

コンパクト&エコな真空乾燥機で、カーボンニュートラル達成に貢献!
洗浄後のワークを深部まで完全乾燥!

​「EVADRY(エバドライ)」は、洗浄後のワークに残った水分を、
真空を利用して蒸発させる真空乾燥機です。

複雑形状のワークも深部まで徹底的に乾燥させながら、
電力消費が少なく環境に優しいエコな装置です。

 

※動画内に出てくる寸法は、現在の仕様と一部異なります。正しい寸法はページ下部の仕様表をご確認ください。

 

真空乾燥とは? - 真空乾燥の原理

機内を真空にすることで、ワークに残る水分を徹底乾燥!

気圧が下がると、水は100℃よりも低い温度で沸騰します。この原理を利用し、EVADRYは
機内の気圧を真空まで下げることで、部品の深部に残る水分まで徹底的に蒸発させて乾燥します。

真空乾燥の原理と仕組み

vacuuming

 

エアブローからの代替で、消費電力を大幅削減!

エアブローの電力消費は非常に大きいことをご存知ですか? エアブローでの乾燥工程を
真空乾燥に置き換えることで、消費電力を大幅に削減することができます。
さらに、手作業でエアブローを行う人件費も削減できるため、コスト削減を強力に推進します。

社内テストでは、EVADRYはCO2排出量を85%削減しました!

1時間あたりのCO2排出量とコスト
  CO2排出量 コスト
エアブロー 10.5kg/h 396円/h
真空乾燥機 1.6kg/h 59.1円/h

* シリンダヘッドの乾燥における社内テストの実測値。削減率は使用環境により変動します。

EVADRYの特長

小型かつキャスター付きで扱いやすい!

EVADRYは、高さ1,000mm・幅600mmとコンパクトな設計で、設置場所に困りません。
キャスター付きで、装置の移設も容易。誰でも扱いやすい小型真空乾燥機です。

小型かつキャスター付きで扱いやすい小型真空乾燥機

簡単操作で、手作業でのエアブローから解放!

EVADRYはスイッチを押すだけで完全乾燥!自動化&省人化を実現します。ワークをセットし、ボタンを押すだけで簡単&徹底乾燥。手作業でのエアブローによる乾燥作業から解放されます。省人化に繋がり、コスト削減につながります。さらに、蒸発時の気化熱でワークが冷やされ、冷却工程が不要となり工程短縮が可能です。

 

真空ポンプの排熱を利用した高効率乾燥!

真空乾燥では、ワークの温度を上げると、より効率良く水分を蒸発させることができます。
EVADRYは真空ポンプの排熱を利用して、真空室内の温度を上げ、乾燥度を向上。
コンパクトなボディながらも、効率の良い乾燥精度をご提供します。

排熱ポンプを利用した乾燥度向上システム

オートシャッタ仕様で自動化・省人化にも対応!

オートシャッタ仕様で、ロボットやガントリーローダを用いた自動化・省人化に対応します。
洗浄機に隣接して設置することで、部品洗浄~乾燥の工程をコンパクトにまとめることができます。

オートシャッタが開閉する様子  洗浄機と組み合わせたコンパクトな洗浄・乾燥ライン

主な仕様

仕様表

ワークサイズや用途に合わせて3機種からお選びいただけます。
  EVADRY EVADRY-WIDE
形式 EVD-22 EVD-22A EVD-55
真空ポンプ kW  2.2 5.5
真空到達圧力 kPa  1.3以下
真空槽寸法
(幅×奥行き×深さ)
mm 400×375×275 400×375×270 700×500×400
手動

セーフティライトカーテン付き
オートシャッタ

機種設定 最大15プログラムまで運転時間を設定可能
外観寸法
(幅×奥行き×高さ)
mm 600×1,450×1,050 600×1,450×1,150 900×1,800×1,270
装置質量 kg 500 600 1,000

 

用途例

  • ワークの完全乾燥(多数個・異形状ワークも対応可能)
  • 防錆対策
  • 乾燥工程の省エネ対策

EVADRY導入事例動画① - ワークの完全乾燥   EVADRY導入事例動画② - ワークの錆発生防止

導入実績

  • 自動車部品
  • 半導体部品
  • 樹脂製品
  • カーボン材
  • Mg複合材
  • 建機部品
  • 油圧部品 など

 

他工法との比較 

 
乾燥方法 メリット デメリット 乾燥レベル CO2削減率*
(対エアブロー)
エアブロー

工場エアだけを使用するため
導入が容易

騒音が大きい
電力消費が大きい
水溜まり無し~
水滴落下無し
-
ブロア

自己発生させたエアを使用するため
エアブローより省エネ

エアブローより
エア圧力が低いため
乾燥精度は劣る
水溜まり無し~
数的落下程度
44.4%
真空乾燥

完全乾燥ができる
ブロアと同様に省エネ

油分は乾燥できない 完全乾燥 85.1%

* 削減率は、シリンダヘッドの乾燥における社内テストの実測値です。削減率は使用環境により変動します。


当社テストサイトでは、真空乾燥テストを実施しています!まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォームへのリンクはこちら

カタログのダウンロードページへのリンクはこちら

真空乾燥に関するQ&Aはこちら