ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
HOME > #30 小型・立形マシニングセンタ「SELF-CENTER SC-V30a」
プリントイメージを表示

#30 小型・立形マシニングセンタ「SELF-CENTER SC-V30a」

 

SC-V30a

 

カタログダウウンロード[PDF]はこちら

メールフォームでのお問い合わせはこちら

 

技術者インタビュー動画はこちら

加工事例動画はこちら

 

開発の背景

当社の「SELF‐CENTER」は1986年に誕生し、立形や横形、テーブル移動型からコラム移動型まで多彩な機械構成バリエーションがあります。「小物部品には小型マシンを」をコンセプトに、お客様のニーズに最適な「SELF‐CENTER」シリーズを設計・製造してきました。

近年の傾向として、EV関連部品に代表される複数ユニットを一体化した大型アルミ部品の増加と、短い製品サイクルへの柔軟な対応が求められており、それらのニーズに応えるべく、生産性と汎用性の高い主軸テーパ30番立形マシニングセンタ「SELF-CENTER SC-V30a」を開発しました。

v30a3

SC-V30a

 

 

開発にあたり、各ユニットの基本構造はゼロから見直し、汎用性を高めながら小型化すること、高速移動を可能にしながら機械剛性を上げることなど、相反する命題を両立させることで、非切削時間の大幅な短縮と、高速回転・高送り切削を可能にしました。

それにより、お客様の生産性の向上と高い稼働率を実現。時間当たりの消費電力とCO2排出量を約30%削減することができます。

生産性の向上と高い稼働率により、カーボンニュートラルの達成に貢献いたします。

 

 


 

特長

SC-V30a


1.非切削時間の短縮と高効率加工

早送り速度:60m/min、加減速度:X・Y軸:1.3G、Z軸:1.7Gを実現。非切削時間を極限まで短縮しました。同期スピンドルモータを採用し、高速回転・高送り切削を強化。アルミ材の切削において、従来比約3倍の高効率加工を実現しました。

2.ロング ― スリム

X軸ストローク700mmを確保しながら、機械幅はわずか1,440mmに圧縮。EVに使用されるダイカストケースのような大型ワークの搭載や多数個取り加工が可能で、設置面積当たりの生産性を向上できます。

3.徹底した切り屑対策による安定稼働

加工室内の配管・配線レスやセンタトラフ方式の採用によって切り屑の排出性を向上。最大30本収納のツールマガジンはATCシャッタで分離した機械室内に設置。徹底した切り屑対策を図り、長時間の自動運転でもトラブルなく安定した生産が可能です。

 

 主な仕様

 
商品名 SELF-CENTER SC-V30a
主軸先端形状 BBT30
主軸回転速度 Max. 12,000min-1
外観寸法(幅 × 奥行 × 高さ) 幅 1,440mm,奥行 3,080mm,高さ2,680mm
ストローク(X軸,Y軸,Z軸) X軸 700mm,Y軸 540mm,Z軸 400mm

 


メールフォームでのお問い合わせはこちら

Is line3