ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
HOME > 小型・汎用 ドリリング&タッピングユニット 「SELFEEDER DUO」
プリントイメージを表示

小型・汎用 ドリリング&タッピングユニット 「SELFEEDER DUO」

image

発売から半世紀。

最も汎用的な専用機(専用工作機械)向け、ドリリング&タッピングユニットが誕生しました。

資料ダウンロードはこちら

開発の背景

近年、自動車や精密機械などの部品製造現場では、短期間で部品の設計変更に対応し易いマシニングセンタが普及していますが、一時的に数万単位で特定部品の大量生産が必要な場合には専用機が活用されています。しかし、1年も経たずに部品生産は終了となり、それ以降は遊休機となってしまうケースも多く、長く利用できるような専用機が求められていました。 

  old machine

*専用機(専用工作機械)とは、特定の部品を、短時間で大量生産するために特化した工作機械。例えば、マシニングセンタに納まりきらない大型部品や長尺部品、搬送着脱が難しい立体成形後の部品などへの加工に専用機が活躍しています。

image3blank 

そこで、我々は「専用機を汎用的に。」をコンセプトに、加工ユニットの新商品を開発。
「SELFEEDER DUO(セルフィーダ デュオ)は、汎用性が高く、専用機を再構築する際に再利用し易い、穴あけ・ねじ立てユニットです。

開発の概要

特定部品を効率良く大量生産する専用機向けユニットのベストセラー「SELFEEDER」シリーズの新商品です。1台で穴あけも、ねじ立ても可能な汎用性が高いユニットは、専用機に汎用性を持たせ、大量生産と多品種対応が可能です。

  image4

汎用性を高めた仕様

  •  主軸・送り軸の両方にサーボモータ搭載
  • 1台で穴あけ・ねじ立て加工
  • 幅広い加工径やインチねじにも対応
  • 異電圧モータ取付け仕様は海外向けに対応

  image5

 専用機の再構築でも再利用し易い仕様

  • サーボモータの組替えで加工能力を容易に変更
  • 主軸先端形状の組替えで工具やホルダ変更に柔軟対応
  • 多軸ヘッド取付け仕様で更に生産性向上

  image6

ボール盤タイプもラインアップ

image7

幅広い加工径やインチねじにも対応した、多機能な設備です。
加工動作プログラムを標準付属し、立上げや段取り替えが簡単です。

「SELFEEDER」のあゆみ

1967年、穴あけ専用ドリリングユニット「SELFEEDER」を開発し、ねじ立て専用タッピングユニット「SYNCHROTAPPER(シンクロタッパ)」とともに加工用途に合わせて開発・販売してきました。

市場のニーズに合わせ幅広くラインアップし、小径加工用には高速回転仕様を、大径加工には低速回転・高トルク仕様をシリーズ化してきました。

駆動方式は、エアーコンプレッサから供給される圧縮エアーで回転も送りも駆動する「SELFEEDER PNEUMATIC(セルフィーダ ニューマチック)」や主軸回転がインダクションモータ駆動の「SELFEEDER ELECTRIC(セルフィーダ エレクトリック)」、更に送り軸駆動がサーボモータ制御へ進化した「SELFEEDER MECHATRIC(セルフィーダ メカトリック)」や主軸回転インバータ制御の「SELFEEDER VARIMEC(セルフィーダバリメック)」へ絶えず進化を図り、お客様の生産性向上へ貢献してきました。

また、活用フィールドは自動車業界のみならず、精密機械や電子機器部品、航空機産業など幅広い業界で大量生産する専用機に採用されています。

これまでの「selfeeder」「synchrotapper」シリーズはこちらです。

/site/drilling-tapping-unit/


資料ダウンロードはこちら

お問い合わせはこちら


product2020